25日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比47円71銭安の2万3782円87銭で、約2週間ぶりの安値を付けた。クリスマス休暇で海外投資家の参加が乏しく、狭い値幅での取引が続いた。

 東証株価指数(TOPIX)は6・80ポイント安の1721・42。出来高は約7億7600万株で2005年1月4日以来、約15年ぶりの少ない水準だった。

 日経平均株価は今年の高値圏付近で推移しており、短期的な利益を確定する売り注文が朝方から優勢となった。

 海外投資家の不参加や香港などアジア市場の休場で新規の取引材料を欠き、取引は低調だった。