気象庁は25日、来年1~3月の3カ月予報を発表した。寒気の南下が弱く、気温は北日本(北海道、東北)で平年並みか高く、東日本(関東甲信、北陸、東海)と西日本(近畿、中国、四国、九州)、沖縄・奄美は高くなりそうだ。雪不足のリスクがあり、スキー場の営業などに影響が出る可能性があるとしている。

 気象庁によると、12月25日時点の積雪の深さは、全国的に平年を大きく下回っている。来年3月にかけて、日本の東海上で低気圧が弱く、西高東低の冬型の気圧配置が長続きしない見込み。

 日本海側の降雪量は北日本で平年並みか少なく、東日本と西日本は少なくなりそうだ。