2018年12月、千葉県柏市の市立柏高で吹奏楽部に所属していた2年生の男子生徒が死亡したことを巡り、遺族らが25日、千葉市内で記者会見し、生徒は自殺で「ブラック部活といわれるほどの厳しい部活が多大に影響した」と訴えた。

 柏市は死亡の経緯を調べるため大学教授や医師、弁護士らによる第三者委員会を設置し、27日に初会合を開くとしている。

 遺族側によると、同校の吹奏楽部は強豪で、生徒は厳しい練習による睡眠不足や腰痛を訴えていた。顧問らの体調への配慮はあったものの、相談をしても辞められなかったという。