金融庁は25日、東京証券取引所の株式市場再編に関する研究会の会合を開き、主要4市場の3市場への集約を柱とする報告書を大筋で取りまとめた。投資家にとっての分かりやすさを重視して市場構造を簡素化する狙いがあり、市場名の変更も検討。東証株価指数(TOPIX)は構成銘柄を絞り込む。2022年前半をめどに適用を開始するよう東証に促す。

 東証には大企業向けの1部、中堅企業向けの2部、多様な企業で構成するジャスダック、成長企業向けのマザーズの4市場がある。機能の重複を問題視する声が上がっており、2部とジャスダックを統合して市場ごとの役割分担を明確にする。