広告大手電通の新入社員高橋まつりさん=当時(24)=が、長時間労働やパワハラに苦しんだ末に自殺してから25日で4年。母幸美さん(56)は「日本政府は若者が長時間労働やハラスメントが原因で亡くなっていることに、もっと危機感を持って対策に取り組むべきです」とする手記を公表した。

 今年8月に三菱電機の20代の男性新入社員が過労自殺し、兵庫県警が自殺教唆容疑で教育主任の30代男性社員を書類送検した。他にも、長時間労働やハラスメントを巡る労災認定も後を絶たない。手記では「命がこれほど軽んじられていることについて、国民はもっと声を上げてほしい」とも呼び掛けた。