福井県は24日、県職員らが高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から金品を受け取っていた問題を受け、一定額の金品を受領した際に報告を義務付ける職員倫理規則を制定した。27日から運用を始める。

 県が設置した調査委員会が、県の服務規定に金品受領に関する具体的な基準がない点を問題発生の要因に挙げたことから、制定を検討していた。

 規則は、利害関係者から金品や接待を受けることを原則禁止。利害関係者以外についても、社会通念上相当とは認められない受領を禁じ、管理職が5千円を超える金品を受け取るなどした場合に報告を義務付けた。