成田空港で計画されている滑走路の延伸や新設を巡り、国土交通省は24日、千葉県芝山町で公聴会を開いた。意見を述べた38人のうち、空港周辺の住民ら6人が「騒音は我慢の限界」などと反対を訴え、32人は地域活性化などを挙げ賛成か条件付き賛成とした。

 公聴会は航空法に基づき、住民や企業関係者など利害関係者から意見を聞く手続きで、成田国際空港会社(NAA)からの施設変更の申請を受けて開いた。国交省は意見などを踏まえ許可を判断する。

 公聴会には約300人が参加した。