建築家の安藤忠雄さんが設計した韓国北東部江原道・原州の美術館「ミュージアムSAN」が人気を集めている。敷地内に増設された「瞑想館」は韓国政府などが癒やしと健康につながる「推薦ウェルネス観光地」に認定。K―POPアイドルの来館で若者の認知度も高まっている。

 「誰でも手に入れられる材料であるコンクリートを水や日光、影などの自然と融合させ、誰にもまねできない建築を生み出してきた巨匠」。韓国紙は最近、安藤さんをこう評した。異色の経歴を追ったドキュメンタリー映画が今春、韓国で公開された際も注目された。

 ミュージアムは2013年にオープン。標高275メートルの山中にある。「建物本体だけでなく敷地全体をミュージアムにしたかった」という安藤さんの狙い通り、自然に囲まれた静寂さが魅力だ。

 韓国・新羅時代の古墳をモチーフにした「ストーンガーデン」、ビデオアートの先駆者・ナムジュン・パイクさんの作品展示室、不思議な空間感覚を楽しめるアメリカの現代美術作家ジェームズ・タレルさんの作品…。

 ミュージアムによると、今年の来館者は約20万人を見込む。学芸研究員の崔真さんは「建築専攻の韓国人学生が学習コースとして来ることもある」と語る。

 今年8月には、日本でも人気を集めている韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」のリーダーが訪れ、ツイッターで写真を公開して話題になった。同じ作品の前で写真を撮影するファンの若者もいるという。

 韓国では南部済州島などにも安藤さんが手掛けた建築物があり、済州島では地元の観光コースにも組み込まれている。(原州共同)