24日午前7時10分ごろ、川崎市川崎区水江町にある東亜石油の製油所で黒煙が上がっていると近くの事業所の従業員から119番があった。神奈川県警川崎臨港署などによると、社員の男性(38)が両足にやけどを負い病院に運ばれたが、命に別条はないという。重油を熱分解することで軽油などを取り出す重質油熱分解装置から出火した。

 川崎市消防局によると、消防車10台以上が出動して消火活動し、約3時間半後に鎮火した。署や消防局が出火原因を調べている。

 同社によると、今月から24時間稼働を再開していた。製油所は、羽田空港から多摩川を挟んで南西に位置する工業地帯の一角。