【ソウル共同】韓国大統領府は23日、検察のチョグク前法相に対する逮捕状請求を批判するコメントを出した。検察はチョ氏が内部監察で重大な違法容疑を確認しながら、捜査依頼しなかったことを不正と捉えているもようだが、どのような措置を取るかは「大統領府の権限であり、そうした決定の際にいちいち検察の承諾を受ける機関ではない」と不快感を示した。

 検察は、チョ氏が大統領府の民情首席秘書官だった2017年、政府機関幹部だった柳在洙被告(収賄罪などで起訴)の不正を把握したのに、もみ消したとの職権乱用容疑で逮捕状を請求した。