気象庁は23日、2019年の天候と台風のまとめを発表した。日本の年平均気温の速報値は基準値(10年までの30年平均)を0・92度上回り、1898年の統計開始以来最も高温となる見通し。地球温暖化が影響したとみられる。

 気象庁によると、年平均気温は、全国から15の観測地点を抽出、それぞれの基準値の差から算出した。全国的に気温の高い状態が1年を通して続いたことが要因という。

 台風は29個発生、うち15個が接近、5個が上陸した。いずれも平年値(発生25・6個、接近11・4個、上陸2・7個)を上回った。3~6月中旬は発生がなかったが、11月だけで6個発生した。