和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社で23日、九鬼家隆宮司(63)が来年への願いを込めた1文字として大筆で「咲」を豪快に書いた。「人々の思いが花咲き、笑いの絶えない1年となるよう願って、この字を選んだ」と話した。

 白衣と白ばかま姿の九鬼宮司が、境内に置かれた約3メートル四方の白布に長さ約1・3メートルの大筆を勢いよく走らせた。力強い文字が書き上がると、見物客から拍手が起きた。

 愛知県岡崎市から訪れた会社員西村亮さん(63)は「とても縁起のいい漢字。来年は笑顔の花咲く年になってほしい」と話した。

 書は社務所前に飾られ、参拝客を迎える。