安倍晋三首相は23日午後、日中韓3カ国首脳会談などに出席するため、中国に向けて政府専用機で羽田空港を出発した。25日までの滞在中、中国の習近平国家主席、韓国の文在寅大統領らとの個別会談も予定。首相は出発前、韓国との元徴用工訴訟問題について「国と国との約束は守ってもらわなければならない。文氏に日本の考え方を伝える」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。

 同時に「日韓関係は厳しい状況にあるが、東アジアの安全保障環境を考えれば日米韓、日韓の連携が重要だ」と語った。

 首相の訪中は昨年10月以来。