【成都共同】中国の習近平国家主席は23日、韓国の文在寅大統領と北京で会談し、米国との貿易摩擦に関し「協力すれば皆の利益となり、戦えば皆に傷が残る。衝突せずに柔軟に対処していく」と述べた。文氏は「円満な解決を望む」と歓迎した。韓国側が発表した。

 中国メディアによると、習氏は朝鮮半島問題について、韓国と立場と利益が合致しており「安定を守り、交渉を促す確固とした力だ」と指摘、対話を通じた問題解決が重要との認識を示した。