宮内庁は23日、天皇、皇后両陛下が26日に、台風19号などによる被害が大きかった宮城県と福島県を日帰りで訪問し、被災者を見舞われると発表した。両陛下の被災地訪問は、即位後初めて。

 宮内庁によると、両陛下は26日午前、羽田発の特別機で宮城県に移動。一般の交通への影響に配慮し、自衛隊のヘリで午後に同県丸森町に入り、被災者に声を掛ける。その後、再びヘリで移動し、福島県本宮市で被災者と懇談。福島空港から特別機で東京に戻る。現地では河川の氾濫状況なども視察する。

 両陛下は台風の被害発生後、宮内庁を通じてお見舞いの気持ちを発表するなど、被災地を気に掛けていた。