【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、総額約1兆4千億ドル(約153兆円)に上る2020会計年度(19年10月~20年9月)の連邦予算に関する歳出法案に署名し、予算が成立した。現行のつなぎ予算による手当てはこの日までだった。予算切れに伴う政府機関の一部閉鎖を回避した。

 歳出法は20年度の支出を賄う。メキシコ国境への壁建設費は前年度と同水準の13億7500万ドルを計上。トランプ氏が求める水準には達していないが、他の予算からの転用を事実上認めることで折り合ったとみられる。

 米軍や連邦政府の給与水準の約3%引き上げも含まれる。