自民党の吉川有美参院議員(三重選挙区)の資金管理団体「吉川ゆうみを育てる会」が、実際には受け取っていない政治団体からの寄付金30万円を、昨年分の政治資金収支報告書に記載していたことが20日、同会への取材で分かった。

 同会の事務担当者は「吉川本人からの寄付だったが、一昨年に政治団体から同額の寄付があったため誤解した」と説明、報告書を訂正する意向を示した。

 吉川氏は今年7月の参院選で再選し、現在2期目。政治資金規正法は、年間5万円を超える寄付について、寄付者の氏名や金額などの記載を義務付けている。