京都市下京区の西本願寺と東本願寺で20日、畳をたたいてほこりを落とす年末の恒例行事「すす払い」があり、僧侶や門徒が新年を迎える準備に励んだ。

 西本願寺の御影堂では、かっぽう着姿の参加者ら約600人が両手に竹の棒を持って畳をバチバチとたたいた。舞い上がったほこりは、大きなうちわであおぎ出した。

 東本願寺でも、御影堂などで約200人の門徒らが一斉に畳をたたいた。

 すす払いは、1年を無事に過ごせた喜びを表す伝統行事。本願寺中興の祖・蓮如の時代から500年余り続いている。