経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は2日、会社資金を着服したとして懲戒解雇した元経理担当幹部から、着服とは別に「過年度決算で不適切な会計処理を行っていた」との通知を受け取ったことに関し、特別調査委員会を発足させたと発表した。

 JDIは委員会のメンバーに弁護士や公認会計士の3人を選び、調査を行う。ただ幹部は数日前に死亡しており、事実の解明は難しくなっている。警視庁は自殺したとみている。

 JDIは先月21日、元幹部が2014年7月~18年10月に不正経理を繰り返し、約5億7800万円の資金を着服したと発表。昨年12月に元幹部を懲戒解雇していた。