参院のバリアフリー化を検討する与野党会派のプロジェクトチームは2日、本会議場に車いすで登壇するためのスロープ設置など新たな施設整備案を取りまとめた。松村祥史議院運営委員長に報告。関連経費は9億円程度の見通しで、2019年度補正予算案に盛り込むよう政府に要請する。

 整備案には、参院正面玄関から登院できるようにする昇降機設置や、車いすで利用可能な多目的トイレへの改修など14項目を明記した。全会派が賛成したという。

 7月の参院選で初当選した、重い身体障害があるれいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両氏らの意見を踏まえて作成した。