元国会議員秘書の男と共謀し京都市左京区の不動産会社社長宅から現金1億円を奪ったとして、強盗致傷や強要未遂などの罪に問われた無職西谷真弓被告(60)の裁判員裁判で、京都地裁(入子光臣裁判長)は2日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。強盗致傷と住居侵入については無罪とした。

 西谷被告は、元国会議員秘書の無職上倉崇敬被告(45)=同罪などで起訴=と共謀し、2010年9月29日、社長(13年に死亡)宅で、妻(62)の首に刃物を突き付け、両手を結束バンドで縛るなどの暴行を加え、金庫にあった1億円を奪ったなどとして起訴された。