大阪の繁華街・ミナミで2012年、通行人2人を無差別に刺殺したとして、殺人罪などに問われた無職礒飛京三被告(44)の上告審判決で最高裁第1小法廷は2日、検察、被告側双方の上告を棄却した。計画性の低さなどを理由に一審裁判員裁判の死刑判決を破棄し、無期懲役とした二審大阪高裁判決が確定する。

 小池裕裁判長は「犯行態様は残虐で、刑事責任は誠に重大だ」とする一方「死刑適用の慎重性、公平性確保の観点を踏まえると、二審判決の量刑が甚だしく不当とはいえない」と判断した。裁判官5人全員一致の結論。裁判員裁判の死刑判決が二審で無期懲役に減軽されたのはこの事件を含めて5件。