派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名・朴慶培)被告(40)に東京地裁は2日、「施術中という状況に付け入った卑劣で悪質な犯行だ」として求刑通り懲役5年の判決を言い渡した。新井被告は「暴力や脅迫は一切やっていない」と無罪を主張していたが、判決は供述の信用性を否定した。

 新井被告側は判決を不服として即日控訴した。

 判決理由で滝岡俊文裁判長は「女性の証言は客観的な経緯や状況と整合し、信用性は高い」と指摘。女性とは体格差もあったことから「抵抗を著しく困難にさせる暴行だった」と認定した。