財務省が2日発表した2019年7~9月期の法人企業統計は、金融・保険業を除く全産業の売上高が前年同期比2・6%減の349兆4974億円で、16年7~9月期以来3年ぶりの減少となった。中国経済の減速や原油価格の下落が主因。経常利益も5・3%減の17兆3232億円と、2四半期連続で低下した。

 売上高はスマートフォン向け電子部品や半導体関連の金属製品が振るわず、製造業が1・5%の減少。米中貿易摩擦や中国市場の減速が響いた。非製造業も原油価格の下落により石油製品の販売価格が下押しされて3年ぶりに減収に転じ、3・1%減だった。