台風19号による被災のため本数を減らして運行している北陸新幹線の定期ダイヤは、JR各社が大規模なダイヤ改正をする来年3月14日に全面復旧することが1日、JR関係者への取材で分かった。水没した長野市の車両センターに、2編成分の列車を止める機能を回復させることで実現のめどが立った。定期検査の設備は復旧の見通しが立たず、大型連休や週末などに運行する臨時列車を含めた復旧までにはさらに時間がかかる。

 北陸新幹線は、上越新幹線から同型の「E7系」車両を転用したり、新造のE7系を北陸に優先して投入したりして、ダイヤの回復を進めている。