政府、与党は1日、誘致の動きが進む統合型リゾート施設(IR)でカジノ利用客の課税逃れを防ぐため、訪日外国人客がカジノで得た所得に源泉徴収を導入する方向で調整に入った。利用客がカジノで使うチップの購入額や、勝ち負けを記録するよう事業者に義務付けることも検討する。

 12月中にまとめる2020年度の与党税制改正大綱に方向性を盛り込み、21年度以降の税制改正で実現を目指す。

 カジノで得た利益は競馬などと同様に課税される。場内でのチップの購入代金と、退場時に換金した払戻金の差額を対象とする。