子育ての宮として信仰されている和歌山県串本町田原の木葉神社で1日、子どもの成長や五穀豊穣を願う「ねんねこ祭り」が行われた。頭におひつをのせた「ご飯持ちみこ」を先頭に、神職ら約30人の行列が境内を練り歩いた。

 みこを務めたのは、同町在住で「勉強がもっとできるよう、神様にお願いします」と語った小学2年生の矢口紅朱さん(8)。午前7時ごろ、米と餅、サカキが入ったおひつを頭にのせて登場し、宮司が鈴を一振りして鳴らすごとに、ゆっくりと一歩ずつ進んだ。行列は1時間ほどかけて約150メートルを移動し、遥拝所で朝日を拝んだ。