カシオ・ワールドオープン最終日(1日・高知県Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)3位から出た金庚泰(韓国)がボギーなしの8バーディー、64で回り、通算20アンダー、268で3年ぶりにツアー優勝、通算14勝とした。優勝賞金は4千万円。

 2打差の2位は賞金ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)で、前日首位のアンソニー・クウェイル(オーストラリア)がさらに1打差の3位。日本勢は通算15アンダーの宮本勝昌の5位が最高で、石川遼は10位。賞金ランキング首位の今平周吾は39位で、ノリスとの賞金王争いは最終戦にもつれ込んだ。