バドミントンの全日本総合選手権最終日は1日、東京・駒沢体育館で各種目の決勝が行われ、男子シングルスは世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が西本拳太(トナミ運輸)を2―0で退け、2年連続3度目の優勝を果たした。