卓球の世界ジュニア選手権は30日、タイのコラートで行われ、混合ダブルス準決勝で宇田幸矢、木原美悠組(エリートアカデミー)が中国のペアに3―2で競り勝ち、決勝に進出した。

 シングルスで男子の戸上隼輔(山口・野田学園高)、女子の長崎美柚、小塩遥菜(ともにエリートアカデミー)は準決勝に進出。女子ダブルスの木原、長崎組も4強入りした。(共同)