東京都東久留米市の住宅で会社員二岡一浩さん(55)が殺害された事件で、二岡さんがあおむけに倒れていたベッド付近に血痕が集中していることが9日、警視庁田無署捜査本部への取材で分かった。ベッドの真上の天井にも、血痕のようなものが付着していた。遺体の傷は体の前面にあり、捜査本部は就寝中に襲われたとみて、強盗殺人容疑で調べている。

 捜査本部によると、遺体は2階の寝室で見つかった。首や胸、腹の刺し傷や切り傷は30カ所以上で、臓器に達するものもあった。腕には抵抗した際にできる防御創のような傷も確認された。