巨人の山口が9日、川崎市のジャイアンツ球場の室内練習場で、先発予定の「プレミア12」2次ラウンド初戦となる11日のオーストラリア戦に向けて調整した。ブルペンでクイックモーションを交えて約49球を投げ「感覚は良くなっているし、状態は上がっていると思う」と手応えを語った。

 途中から打者に立ってもらい、丁寧に内角を突いた。「フォークボールの落としどころや変化球の曲げどころを確認できた。インコースの重要性は感じている。外側が強いバッターが多いし、どれだけそこに投げきれるか」と課題を挙げた。

 チームより一足早く8日に台湾から帰国していた。