聖地に「PL」が再び―。元高校球児が再び憧れの舞台で戦う「マスターズ甲子園2019」が9日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開催され、甲子園大会で春夏合わせて7度の優勝を誇る大阪・PL学園高OBチームが初登場。プロ野球巨人などで活躍した桑田真澄氏(51)が開会式で「心から野球を楽しむため、スポーツマンシップにのっとり、フェアプレーで戦うことを誓います」と選手宣誓した。

 雲一つない晴天の下、高校野球さながらの吹奏楽の演奏に合わせ、出場16チームの選手らが堂々と行進。代表校のプラカード係は兵庫・市西宮高のOGが務めた。