【ニューヨーク共同】プロ野球広島からポスティングシステムで米大リーグ挑戦を目指す菊池涼介内野手(29)の移籍球団候補に、米CBSスポーツ(電子版)は8日、二塁手が補強ポイントであるワールドシリーズ覇者ナショナルズ、インディアンス、ダイヤモンドバックスなどを挙げた。

 最大の武器は守備力とし、好プレーを集めた動画を掲載した。打撃は平均的ながら三振率が低く、バットに当てる技術があるとした。一方、メジャーレベルでは肩が強くないため、守備位置は二塁に限定されると指摘。過去に成功した日本野手は外野手が多く、内野手はより多くの順応が求められると課題に言及した。