9日午前4時ごろ、大阪府東大阪市新町の交差点で、覚せい剤取締法違反罪(所持と使用)や大麻取締法違反罪(所持)で公判中に保釈が取り消され、大阪地検が収用手続きをした大植良太郎被告(42)が、事務官3人が護送中のワゴン車から逃走した。事務官2人が軽傷を負った。

 大阪地検によると、3列シート車の3列目にいた被告が「手錠がきつい」と申告し、事務官がかけ直そうとして左手の手錠を外したところ、暴れだしてドアを開け、半開き状態になった。危険だとして車を止めたところ、2列目のドアから逃げた。女性事務官が運転し、2列目、3列目に男性事務官がいた。