巨人の大塚淳弘球団副代表は東京都内で8日、ゲレーロ外野手と来季の契約を結ばないと明らかにした。「費用対効果で、年俸が高いのでその辺ですよ。新しい外国人を調査してバランスを考えて、新しい外国人に行こうとなった」と理由を説明した。

 デラロサ投手、メルセデス投手は残留させる方針で、さらに新外国人選手として先発と抑え投手、左の長距離打者の獲得を目指すとし「最低3人ですね」と話した。