岩手県花巻市は8日、花巻北消防署の下久根貴志消防士(26)が運転免許停止処分中、救急車を6回運転したと発表した。下久根消防士は違反を職場に報告していなかったが、同僚と参加していた交通安全コンクールの結果が違反状況とともに職場に届いて発覚した。市は懲戒処分を検討する。

 下久根消防士は6月、東北道で自家用車を運転中、制限速度を47キロ上回ったとして、9月26日から10月8日の間、免許停止となった。この間に車で通勤し救急車も6回運転。道交法違反の罪で罰金6万円の略式命令を受けた。

 上田東一市長は記者会見で「市民の信頼を大きく損ない申し訳ない」と謝罪した。