【ワシントン共同】ナバロ米大統領補佐官は7日、米中貿易摩擦で発動済みの追加関税を段階的に撤廃する方針で両国が合意したと中国政府が表明したことについて「現時点で合意はない」とテレビで反論した。米中両国は、首脳による部分合意の署名を目指して協議を続けており、駆け引きが激しくなっている。

 中国商務省は7日、摩擦緩和に向けた協議の進展に応じ、両国が追加関税の段階的な撤廃に合意したと表明していた。

 対中強硬派で知られるナバロ氏はFOXビジネステレビで、部分合意を巡る協議で「既存の関税を撤廃する合意はない」と説明した。