文化庁が国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」に補助金を交付しないと決めた問題を巡り、不交付決定の撤回を求める集会が8日、東京都内で開かれた。

 企画展「表現の不自由展・その後」の再開に関わった作家有志らによるプロジェクト「ReFreedom Aichi」が呼び掛けた。撤回に賛同する署名は約10万筆に達した。文化庁に提出する予定だったが、同庁側の対応に不満があるとして、同日の提出を見送った。

 集会で、芸術祭に出展したアーティストの小泉明郎さんは「芸術表現の場が脅かされている。この問題にどう対処すべきか考えていこう」と強調。連携していくことを確認した。