高知県沖で昨年12月、米軍岩国基地(山口県岩国市)所属の機体同士が接触し墜落した事故で、防衛省中国四国防衛局(広島市)の森田治男局長は8日、同防衛局が高知県に伝えた米軍の調査結果概要は不十分だったとして、改めて高知県庁を訪れ尾崎正直知事に詳細を説明した。同基地所属の部隊では規則違反が横行していたことが判明している。

 尾崎知事は規則違反について「強い憤りを覚える」と述べ、政府として米軍に再発防止を求めるよう要請。防衛局の説明不足については「漠然としたものでなく、悪い情報でも開示する姿勢を徹底してほしい」と話した。