政府の全世代型社会保障検討会議で、政府方針と異なる意見を述べた中西宏明経団連会長の発言の一部が議事録に記載されていなかった問題を巡り、西村康稔担当相は8日の記者会見で「中西会長の意図は記載しており、改ざんを行ったものではない」と釈明した。

 西村氏は議事録は実際の発言を全て掲載するものではなく、本人の了解を得ながら趣旨が正確に伝わるように整理や修正を施すと説明。その上で「経団連の事務局に議事録案を送付し、確認してもらった上で記載している」と述べ、作成の手続きに問題はないとの認識を示した。