【ワシントン共同】米国防総省は7日、エスパー国防長官が13日から韓国、タイなどアジア4カ国を歴訪すると発表した。韓国では同国政府が破棄を決め、今月下旬に失効する日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の維持を求める方針。米国は北朝鮮対応などで日米韓3カ国の枠組みを重視している。

 エスパー氏は韓国で鄭景斗国防相らと米韓定例安保協議(SCM)を開き、北朝鮮対応などを協議する。同時期には米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長も訪韓する。タイでは、東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議に出席。日米韓3カ国による国防相会談の実施も調整している。