元五輪代表のプロスノーボーダー国母和宏容疑者(31)=北海道千歳市駒里=が大麻取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕された事件で、輸入された大麻製品は100回以上の吸引が可能な量だったことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 関東信越厚生局麻薬取締部は、輸入量が多いことから営利目的だったとみて経緯を調べている。

 同部によると、輸入された大麻製品は計約57グラム。茶色の水あめ状で大麻成分が濃縮されており、1回当たりの吸引は耳かき1杯分程度という。

 大麻製品は昨年12月31日、国際郵便で成田空港に輸入された。