羽田空港の国内線旅客ターミナルで6日朝に発生した断水は、第2ターミナルビルで飲み水などの供給停止が続き、8日で3日目に入った。羽田への給水を国から受託する会社「空港施設」は水質の点検作業を進めており、早ければ8日中の復旧を目指す。原因の特定も進めている。

 第2ターミナルでは6~7日、断水のため多くの飲食店が営業を休止。トイレの手洗いも使えず、代替手段としてペットボトルの水を置いて対応した。国土交通省東京空港事務所によると、これまでに運航への影響はない。

 赤羽一嘉国土交通相は8日の閣議後記者会見で「早期復旧と原因究明、再発防止に取り組みたい」と述べた。