【ドバイ共同】パラ陸上の世界選手権は7日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開幕し、女子400メートル(視覚障害T13)決勝で佐々木真菜(東邦銀行)が58秒38で4位となり、来年の東京パラリンピック代表に内定した。マラソンを除いた陸上では、日本勢の代表第1号。22歳の佐々木は自身初のパラリンピック代表となる。

 今大会では各種目4位までに入った選手の国・地域に出場枠が与えられ、日本パラ陸連の規定で枠を獲得した選手が代表に内定する。