【カトウィツェ(ポーランド)共同】世界反ドーピング機関(WADA)は7日、ポーランドのカトウィツェで理事会を開き、今年限りで退任するクレイグ・リーディー委員長(78)=英国=の後任に元陸上選手でポーランドのスポーツ・観光相を務めるウィトルド・バンカ氏(35)を選んだ。第4代委員長で、任期は来年1月から3年間。

 来年に東京五輪・パラリンピックを控える中、WADAはロシアの国ぐるみの不正問題を抱えている。2007年世界選手権(大阪)で400メートルなどに出場した若いリーダーは、解決に向けた手腕が問われる。