東京五輪のテスト大会を兼ねた卓球のワールドカップ(W杯)団体戦第2日は7日、東京体育館で行われ、男子の準々決勝でB組2位の日本はC組1位のドイツに3―1で勝ち4強入りした。3位決定戦がないため、銅メダル以上が確定した。9日の準決勝は中国と対戦する。

 日本は第1試合のダブルスで丹羽孝希・吉村真晴組が1―3で敗れたが、第2試合で張本智和がドミトリー・オフチャロフに3―1で勝利。以降は吉村がティモ・ボルをストレートで、張本もパトリック・フランツィスカを3―1でそれぞれ退けた。

 女子の日本は8日の準々決勝でC組2位のルーマニアとの顔合わせとなった。