【北京共同】中国商務省の高峰報道官は7日、米中両国が貿易協議の進展に応じ、互いが発動している追加関税を段階的に撤廃していくことで合意したと記者会見で明らかにした。まず「第1段階」の合意が実現できた場合、双方が「同時に、同じ比率で関税を取り消すことが重要な条件だ」とした。

 ただロイター通信は、制裁関税の扱いを巡って米中の交渉は難航していると報じている。両国の主張が食い違えば部分合意の署名が遅れる可能性もある。

 高氏は「この2週間、双方の代表がそれぞれの問題を適切に解決するため、真剣で建設的な議論を行った」と説明した。