大学入学共通テストへの英語民間検定試験導入の延期を巡り、「読む・聞く・書く・話す」の4技能教育を推進する立場で、制度設計に関わった上智大言語教育研究センターの吉田研作センター長が7日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見した。試験会場の多くが都市部に限られ、地域格差を助長すると指摘されたことに「全都道府県に会場がある試験もあり、制度実施は可能だった。できる限りやってほしかった」と語った。

 吉田氏は民間試験導入に向け、文部科学省に設置された複数の会議に参加した。認定された民間試験の一つ「TEAP」の開発にも携わった。