滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年に起きた呼吸器外し事件の再審を巡り、殺人罪で懲役12年が確定し服役した元看護助手西山美香さん(39)が逮捕前、亡くなった患者の人工呼吸器を故意に外していないとする自筆の自供書を作っていたことが7日、弁護団の証拠開示などで分かった。

 県警はこの自供書や、患者が他殺ではなくたん詰まりで死亡した可能性を指摘する医師の所見が記された捜査報告書などを捜査段階で検察に送っておらず、再審公判に向けた協議中の今年7月、117点の新たな証拠を検察側に渡した。